1. ホーム
  2. 住友生命について
  3. サステナビリティ
  4. トップメッセージ

トップメッセージ

取締役 代表執行役社長 高田幸徳

社会に「なくてはならない」会社へ
豊かで明るい健康長寿社会の実現を
目指します

住友生命の経営方針について

1907年、「理想の会社を創ろう」という志のもと、当社の前身である日之出生命保険が設立されました。会社の利益ばかり考えるのではなく、顧客の利益を貫き健全経営に徹した会社であったと伝えられています。1926年に住友の傘下に入っても、「国家を利し、かつ社会を利するものでなくてはならない」という住友の事業精神のもとで、「理想の会社を創る」という創業の志をしっかりと受け継いできました。1952年には、この創業の志と住友の事業精神に掲げられた理念を住友生命の企業理念として明文化し、「経営の要旨」を定めました。
創業100周年を迎えた2007年には、「経営の要旨」に示された普遍的な使命をCSRの視点から再整理した「CSR経営方針」を策定しました。「本業である保険事業の健全な運営とその発展を通じて、豊かで明るい長寿社会の実現に貢献する」という方針のもとで、企業の社会的責任を果たすCSRの取組みを推進しています。
2011年からは、「理想の会社を創ろう」という創業の志を、“あなたの未来を強くする”というメッセージに託して、ブランド戦略を展開してきました。

社会課題解決への取組み

昨今、人生100年時代と言われるように超高齢社会が到来し、お客さまの生命保険に対するニーズはますます多様化しております。そうした多様なニーズにお応えすべく、当社は、死亡保障、医療や介護の保障、老後の生活への備えなどのご提供に加えて、2018年に健康増進型保険“住友生命 「Vitality」”を発売し、リスクに備えるだけでなく、お客さまの「健康増進」を応援し、リスクを減らすサポートができるよう取り組んでおります。
当社は、健康寿命の延伸という社会課題を解決するため、“住友生命 「Vitality」”を軸に、社会全体への健康増進の働きかけや、健康経営の推進にも取り組んでいます。これらの取組みを「CSVプロジェクト」と位置づけ、「お客さま」「社会」「会社・職員」とともに、健康増進という共有価値を創造することで、豊かで明るい健康長寿社会の実現を目指しています。
※Creating Shared Value:共有価値の創造。本業で社会的課題に取り組み、「社会問題の解決」と「企業価値の向上」を両立させること

持続可能な社会に向けて

2015年に国連サミットでSDGs(持続可能な開発目標)が採択されたことを皮切りに、持続可能な社会実現への関心が一層高まっておりますが、「社会公共の福祉に貢献する」という企業理念のもと、本業で社会課題に取り組み企業価値を向上させていくこと(CSV)が SDGs達成への貢献にもつながるものと考えております。こうした考えのもと、健康増進型保険“住友生命 「Vitality」”等の魅力ある商品を提供していくとともに、責任投資や社会貢献活動等を通じて社会課題を解決し、SDGsの達成に貢献していく所存です。
当社はこれからも、「理想の会社を創ろう」という創業の志のもと、社会に「なくてはならない」会社を目指してまいります。


取締役 代表執行役社長

取締役 代表執行役社長 高田幸徳

住友生命について