Vitality福利厚生タイプ (2024年6月25日発売)

住友生命は、生命保険に加入することなくVitality 健康プログラムの一部を単独で利用できる個人向けサービス「Vitality スマート」を 2023 年4月から提供しています。Vitality 健康プログラムを利用された企業の経営者や担当者からも「Vitality スマートを福利厚生制度の一環として従業員に提供したい」等のお声をいただき、さらに多くの方に Vitality 健康プログラムを提供しウェルビーイングの価値をお届けしていくために、企業向けに本サービスを開発しました。

このようなお悩みありませんか?

従業員の健康

健康経営®(※1)って聞くけど何をしたらいいかわからない

(※1)「健康経営®」は、NPO 法人健康経営研究会の登録商標です。

社内コミュニケーション

いろいろと社内イベントを企画しているけど負担が大きい・・・

企業イメージ

企業イメージを上げる取組みって何をしたらいいの?


⇒ そのお悩み、Vitality福利厚生タイプで応援します!

↑メニューへ戻る

"住友生命「Vitality」"は健康増進プログラムが組み込まれた新しい保険のしくみです

世界40の国と地域で、約3,600万人(※2)が加入 (2023年12月末時点)

「Vitality」は南アフリカ発祥の健康増進プログラムを付帯した革新的な保険サービス。「人々をより健康にしたい、その人生をより豊かにし、そして守りたい」という思いから生まれ、20年以上の実績とノウハウを重ねてきました。住友生命はこの「Vitality」を日本で展開できるただ1つの生命保険会社(※3)です。

Vitality導入世界地図

(※2)他国で提供されている「Vitality」の種類はVitality導入各国により異なる場合があります(損害保険・健康保険等)
(※3)南アフリカの金融サービス会社Discovery Ltd.は1国1社の生保会社と提携し各国でVitalityを導入しており、日本では当社が独占契約を締結しています。

意識・行動が変わり、結果が出る

"住友生命「Vitality」"に加入して、加入前よりも健康を意識するようになったという加入者は84%(※4)、生活の質が高まったように感じるという加入者は79%(※4)に。

(※4)住友生命によるアンケート調査結果(n=44,505)住友生命職員を除く

そして、以下のような健康面での結果が出ています!

血圧が下がった ※10mmHg以上 53%
血糖値が下がった ※10mg/dl以上 47%
LDLコレステロールが下がった ※10mg/dl以上 50%

※各項目の数値が高めの方(血圧:2019年の健診において収縮期血圧が140mmHg以上160mmHg未満、血糖値:2019年の健診において空腹時血糖が110mg/dl以上126mg/dl未満 、LDLコレステロール:2019年の健診において140mg/dl以上180mg/dl未満)を対象に、2019年(1月から12月受診分)と2022年(1月から12月受診分)の健診結果を比較

また、死亡率・入院率の結果が出ています。

Vitality会員のステータス別 死亡率・入院率比較
*ステータスについて詳しくはこちらをご覧ください

Vitalityに取り組んでいる会員は「死亡率・入院率が低い」!

<死亡率> Vitalityは非Vitalityと比べ死亡率が約43%低い
<入院率> Vitalityは非Vitalityと比べ入院率が約18%低い

Vitalityと非Vitalityの死亡率・入院率比較グラフ

・2018年9月(Vitality提供開始)から2022年3月以前にご加入いただいた契約の、2022/4月~2023/3月の支払実績に基づき算出
・死亡率は災害死亡を、入院率は災害入院および新型コロナウイルス等の感染症による入院を除く
・非Vitalityとは、Vitality健康プログラム付加対象商品のうち、Vitality健康プログラムを付加していない契約

社外からの評価

"住友生命「Vitality」"は、2018年7月の発売以来数々の賞を受賞し、多くの方々に選ばれて、2023年8月には累計販売件数150万件を突破しました。

2018年11月 住友生命の取組みが評価され厚生労働大臣最優秀賞受賞
2019年2月 2018年日経優秀製品・サービス賞最優秀賞日経ヴェリタス賞受賞
2023年3月 WELLBEING AWARDS「モノ・サービス部門グランプリ」受賞
2024年1月 2024年 オリコン顧客満足度®調査 総合保障保険ランキング 第1位獲得
↑メニューへ戻る

Vitality福利厚生タイプのしくみ

本サービスは、従業員さまにVitality健康プログラムをご利用いただき、その取組み状況について、月次・年次レポートを企業へ提供するものです。企業は従業員さまの健康増進活動の取組み状況の把握が可能となります。その他にも、「健康増進取組みサポートメニュー」として健康増進セミナーや、健康チェックイベント、健康経営優良法人認定取得サポート等を提供します。あわせてご利用いただくことで、従業員さまが心身ともに健康になることによる生産性向上、社内ウォーキングイベント等を実施いただくことによる活発なコミュニケーションの実現、企業のブランドイメージ向上による人材採用・定着率向上等の効果が期待できます。

福利厚生タイプ仕組図
サービス利用料 従業員さま1名当たり月額 330 円(税込)
利用料負担(※5) 企業(年1回払)
契約期間 1年間(自動更新(※6)
主な利用条件(※7) 18歳以上80歳以下の従業員さま
(企業の契約年月日(2年目以降は契約応当日)時点の年齢で判定)

(※5)Vitality福利厚生タイプの導入にあたっては、企業は「Vitality福利厚生タイプ契約」、従業員さまは「単品型 Vitality 健康プログラム契約(有償版)」を締結いただきます。
(※6)契約者(企業)が契約期間満了の2週間前までに更新しない旨を通知しない限り自動更新となります。
(※7)スマートフォン等で Vitalityアプリをダウンロードいただく必要があり、また登録にあたってはメールアドレスが必要です。なお、Vitality健康プログラムは、おひとりにつき1プログラムに限りご利用いただけます。既に他の Vitality健康プログラム(保険型、Vitality スマート等)をご利用中の場合は重複してご利用いただくことはできません。

↑メニューへ戻る

Vitality健康プログラムのしくみ

・お客さまの日々の健康増進活動をポイント化し、累計ポイントに応じてステータスを判定します。

・日々の運動(歩数・心拍数)に加え、所定のフィットネスジム・オンラインフィットネスでの運動や、ウォーキング・マラソン等のイベント参加もポイント化されます。

・所定のフィットネスジムの会費やウェアラブルデバイス購入代金の割引といった健康増進活動を後押しする特典(リワ ード)などを提供します。

Vitality仕組図
↑メニューへ戻る

続けられるしくみ「アクティブチャレンジ特典」

アクティブチャレンジは、1週間のサイクルで設定される運動ポイント目標を達成することで、特典が受けられるプログラムです。短期の目標を設定し、日々の取組みを意識することで、運動を習慣化しやすくなります。毎週の目標を達成して、スターバックス コーヒーやローソン、ファミリーマートのドリンク等を楽しみながら、運動習慣を身に着けましょう。

アクティブチャレンジ特典(仕組み・1週間のイメージ)
↑メニューへ戻る

充実したサポートメニュー

・「従業員が継続して健康増進活動に取り組んでくれるか心配」というお悩みには、各種サポートメニューがソリューションとなります。

・各種サポートメニューのうち「月次・年次レポート」「利用者アンケート」は、Vitality福利厚生タイプの導入と併せて提供されます。それ以外のサポートメニューは任意でご利用いただけます。各種サポートメニューの詳細は「健康増進取組みサポートメニューのご案内」にてご確認ください。

・Vitality健康プログラムでは、シルバー・ゴールドステータス達成が取組みのバロメーターとなります。このバロメーターを定期的に確認・評価しながら、従業員さまの継続的な取組みとPDCA推進をしっかりサポートします。

(月次レポートイメージ) 月次レポートイメージ

↑メニューへ戻る

Vitality健康経営タイプ(※14)体験者の声(※15)

(※14)Vitality健康経営タイプとは法人向けの健康増進支援プログラムであり、健康経営推進に向けた4週間のウォーキングキャンペーンを提供しています
(※15)Vitality健康経営タイプ実施者あてアンケート結果より(調査期間:2023年4~7月 調査対象:113社・1,963名)

Q.運動を意識するようになりましたか?

・日々どのくらいの歩数なのか分かり、数字を確認することによってもう少し歩いてみようと意識が変わりました。(50代女性)

・目標を毎週達成することに意欲が湧き、体を動かすことを意識するようになりました。(40代男性)

Q.Vitality健康プログラムは楽しめましたか?

・とても楽しい企画に参加させていただきました。これからも歩くことは意識して続けたいと思います。(20代女性)

・毎日楽しく取り組むことができました。ごほうびを期待して目標達成しルーレットを回す瞬間は嬉しかったです。(30代男性)

Q.職場内でのコミュニケーションは活性化しましたか?

・社内で「今、何歩?」と会話が増え、みんなで一緒に頑張ることでモチベーションが上がりました!(30代女性)

・職場で毎日の話題になったので、同僚と楽しみながら健康になれるという一石二鳥の企画だと思いました!(40代男性)

↑メニューへ戻る

制度導入までの流れ・お問合せ

導入にあたりご対応いただきたい事項は以下のとおりです。

①福利厚生タイプ対象者さまデータの提出

②利用開始に向けた従業員さまあてご案内

③「サービス利用料」お払込み

相談・お問い合わせ先はお近くの支社等(法人担当)もしくは
fukurikouseitaipu★am.sumitomolife.co.jp(住友生命 法人営業企画室)
※「★」を半角の「@」(アットマーク)に変更ください
まで会社・部署名を記載のうえお問合わせください。

↑メニューへ戻る

留意事項

↑メニューへ戻る

法コン-24-0006