1. ホーム
  2. 住友生命について
  3. サステナビリティ
  4. ステークホルダーとの信頼関係の構築
  5. 省エネ・省資源への取組み

省エネ・省資源への取組み

事業活動における省エネルギー・省資源の取組みを全社的に進めています。

事業活動を通じた取組み

全社的に省エネ・省資源の取組みを行っています。具体的には、当社事業活動において環境負荷の大きい紙使用量の削減および電気使用量の削減について、各所属が主体となって積極的に取り組んでいます。
また、従来は紙冊子であった保険約款をCD-ROM化することにより、大幅な紙使用量削減につながっています。

印刷物への環境配慮

スミセイエコ宣言 ecology

お客さま向けカレンダーや商品パンフレット、社内向け教材等あらゆる印刷物に対し、再生紙・植物油インキを使用するなど、環境にやさしい取組みを行っています。
当社独自の環境シンボルマークを制定し、環境に配慮した印刷物に記載する等、職員の環境意識を高めながら、全社的な取組みを行っています。

使用済みクリアホルダーの回収・再資源化

アスクル株式会社様では、単一素材、同一形状であるクリアホルダーを回収し、再資源化・商品化する「アスクル資源循環プラットフォーム」事業を行っています。
この事業に住友生命も賛同し、2023年3月までに全社で3.70トンの使用済みクリアホルダーの回収を行い、リサイクルに協力しました。また、クリアホルダーをリサイクル材として使用したプラスチック製品の製造により、18.91t-CO2のCO2削減に貢献することができました。
引き続き、資源の有効活用およびCO2の削減に取り組んでいきます。

環境に配慮した不動産運用

当社が全国に所有する約100棟のテナントビルについては、省エネ型設備の導入や冷暖房設備のきめ細やかな温度設定などを通じて省エネ推進に取り組んでいます。

環境パフォーマンスデータ

単位 2020年度 2021年度 2022年度
 電気  千kWh
8,007
7,308
7,274
 ガス 千m3
272
245
231
 水道 千m3
92
82
76
 産業
廃棄物
発生量
t
363.7
336.3
788
廃棄量
t
43.4
41.2
33.8
リサイクル率
88
88
96

※東京本社、大阪本社ビルにおける実績

住友生命について