住友生命のパーパス(存在意義)とは

repo2021webpurpose


「社会公共の福祉に貢献する」

住友生命は、企業理念「経営の要旨」の第一条に、このパーパス(存在意義)を掲げています。

生命保険という事業を通じてお客さまの人生を支え、お客さま・社会に貢献する。これこそが、住友生命の不変の存在意義です。この「経営の要旨」には、自身を利するとともに社会を利するべきとする「自利利他公私一如」をはじめとした住友の事業精神が、100年の時を超えて脈々と受け継がれています。

また、この精神は、本業で社会的課題に取り組み、「社会問題の解決」と「企業価値の向上」を両立させるCSV(Creating Shared Value:共有価値の創造)やSDGsに通じるものであり、このパーパスのもと、“住友生命「Vitality」”をはじめとする先進的な商品の開発等に挑戦してきました。


次ページ




住友生命について