ホーム > 住友生命について > ご高齢の方への取組み > 各種お手続きのサポート


各種お手続きのサポート

当社では、ご請求手続きの際にお客さまへ様々なサポートを準備しております。
当社のサポートを希望される場合や、ご不明な点がございましたら、担当のスミセイライフデザイナーまたはスミセイコールセンターまでお問い合わせください。
※お取扱いには、当社所定の条件や確認が必要な場合があります。

当社では、「ご家族アシストプラス」のご登録をお勧めしております。

スミセイのご家族アシストプラス

スミセイのご家族アシストプラス

ご登録方法


成年後見制度

認知症等の理由で判断能力が不十分な状態である場合に、家庭裁判所によって選任された成年後見人等が財産管理等を行う法律で定められた制度です。
ご本人がすでに判断能力が不十分な状態の場合に、ご本人を保護・支援するための「法定後見制度」と、将来自分の判断能力が不十分な状態になった場合に備えて、ご本人があらかじめ準備しておくための「任意後見制度」があります。選任にあたっては、ご本人の所在地(住民登録している場所)を管轄する家庭裁判所に申し立ていただく必要があります。
詳しくは、法務省ホームページ「成年後見制度・成年後見登記制度」をご確認ください。

便宜後見制度

契約者や保険金受取人など、その手続きや請求を行う権利を有する方(請求権者)が、手続きについての判断能力がなく、成年後見人等の法定代理人の選任もない場合に、推定相続人の承諾のもと、請求権者の相続人の地位を有したご親族で請求権者と生計を一にし、療養看護や財産管理を行っている方を、便宜的に後見人として設定のうえ、お手続きいただける当社独自の制度です。

代筆・代読の取扱い

契約者や保険金受取人など、その手続きや請求を行う権利を有する方(請求権者)が、手続きについての判断能力はあるものの、ケガやご高齢等の理由によって請求書への自署が困難な場合に、すべての手続きにおいて、請求権者の指示に基づいてご家族等が代筆することで手続きができます。請求書の当社到着後に、電話で請求権者あてに手続きのご意思を確認させていただくことを条件に郵送でも代筆手続きが可能です。保険金・給付金・年金支払いについては、送金先が請求権者の本人名義口座であれば、請求権者あての確認を省略できる場合があります。また、ご要望に応じて請求書類等の代読も行っています。

電話リレーサービスについて

当社のコールセンターでは、総務省から「電話リレーサービス提供機関」としての法律に基づく指定を受けた「(一財)日本財団電話リレーサービス」が提供する電話リレーサービスでのお問い合わせを承っております。

  • 電話リレーサービスは、聴覚や発話に困難がある方を、通訳オペレーターが手話・文字と音声を通訳することにより、電話で双方向につなぐサービスです。ご利用にあたっては利用登録が必要となります。
    詳細については、(一財)日本財団電話リレーサービス(https://nftrs.or.jp/)をご確認ください。

保険金請求ガイドブック

入院給付金などのお手続きをスムーズに進めていただくためのガイドブックを用意しております。
入院・手術給付金/生前給付保険金などのご請求」からご覧ください。

死亡保険金ご請求のしおり

被保険者がお亡くなりになった際の死亡保険金のご請求手続きだけでなく、相続・税務の取扱いや、役所でのお手続きなども記載しています。「死亡保険金のご請求」からご覧ください。

   

点字文書の作成

点字での文書の作成を承ります。(1週間ほどお時間をいただきます。)担当のスミセイライフデザイナーまたはスミセイコールセンターにご相談ください。

点字文書の作成

ご来店窓口で利用いただける設備

ご来店の際には、シニアグラス・拡大鏡・ホワイトボード・助聴器が利用いただけます。

シニアグラス

拡大鏡

ホワイトボード

助聴器

住友生命について